【Genbとは】

「玄武(Genb)」とは、中国古代の想像上の動物(蛇が亀に巻きついた神)であり、東西南北を司る方角の神、四神のひとつです。東は青龍、西は白虎、南は朱雀。そして、北を守護する神が玄武であります。また、玄武は水の神さまであり、黒色をあらわします。

「京都では玄武(Genb)に関して、様々な説がありますが正確には不明です。様々な場所のことをさしますが、18年間洛北エリア(京都市北部)の情報誌を発行する「あべきた編集部」では、洛北エリア(京都市北部エリア)の総称として「玄武(Genb)」の名を使わせていただきたいと思います。
地域の方だけでなく観光で京都を訪れた方へもこのエリアの魅力を知ってもらうため、北の守護神「Genb」とともに伝えたいという想いを込めて発刊に至りました。

「玄武(Genb)」を通して皆様に地域の魅力がいっぱい伝わることを祈念いたします。